HOME > 納入事例 > 工業分野 > エバラ食品工業株式会社 津山工場

エバラ食品工業株式会社 津山工場

"10年後を見据えたシステム"を念頭に
生産活動を支える新たな付加価値を追求

エバラ食品工業株式会社 津山工場

エバラ食品工業 津山工場では、稼働後15年以上を経た生産監視・制御システムのリニューアルに着手。新たにMESを導入した今回のシステムでは、生産工程におけるさらなる効率性の向上と作業の省力化、"食の安全"の確保を実現しました。今後、将来にわたって生み出される同社の新製品の生産を支える基盤として大いに期待が寄せられています。

単なる新システムへの置き換えでなく新たな付加価値の追求を目指す

工場内の中央操作室に設置されたIndustrial-DEO/MESの監視端末。ここから、各生産ラインの生産状況を確認し、監視・制御を行っている。

工場内の中央操作室に設置されたIndustrial-DEO™/MESの監視端末。ここから、各生産ラインの生産状況を確認し、監視・制御を行っている。

「おいしいものを、さらにおいしく」をスローガンに、消費者に愛され、信頼される商品づくりを目指すエバラ食品工業株式会社。「焼肉のたれ」や「すき焼のたれ」「浅漬けの素」など簡便性に優れた調味料に加え、近年では「おいしいキムチ」などチルド食品の分野でも積極的に商品を展開し、常にユニークな着想に立った新商品の開発・提供により、幅広い層から支持されています。

岡山県津山市にある津山工場は、同社の主力製品の生産を中心とした西日本の生産拠点として、全国の市場に対する商品の安定供給を支えています。同工場では以前より、原料の貯蔵から製品の箱詰めに至る生産工程のトータルな自動化を積極的に推進してきており、特に生産の中心となる「仕込み」「調合」「加熱殺菌」の工程においては、1994年の工場操業開始時にいち早くDCS※1を導入。システムによる監視・制御に基づき、生産性、品質の向上を図ってきました。

「稼働後15年以上を経たDCSの老朽化対応と設備の増強を目的に、2007年にシステム更新の検討を開始しました。その際、単純に既存のDCSを新製品に置き換えるというアプローチではなく、これまでの課題も含めて解消しながら、『10年後を見据えたシステムの実現』を念頭に、新たな付加価値を追求していきたいと考えました」(佃氏)

特に、既存のDCSに関しては、工場立ち上げ時に導入したという背景もあり、現場作業員の熟練度が低いことを想定して、操作ミスの防止を主眼に、あえてシステム側での制限を強くするとともに、操作を促すメッセージや注意喚起する警報を多く出力するというポリシーで設計されていました。

「そのため、頻繁にブザーが鳴っている状態となり、常にDCS担当の作業員が必要な状況でした。15年以上の経験を経て、作業員のスキルが向上していることを踏まえ、全員で『考える製造』を目指して、製造現場で作業を行いながらDCSの操作ができるようにシステムを再配置するとともに、より多くの情報を提供し、それに基づく作業員の柔軟な対応が可能となるような新システムの構築が求められていたのです」(三橋氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年08月号に掲載されたものです。