HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社 日本触媒 姫路製造所

株式会社 日本触媒 姫路製造所

製造現場における情報伝達を円滑化
重要度と情報活用を意識した仕事のやり方に変革

株式会社 日本触媒 姫路製造所

日本触媒 姫路製造所では、「ものつくり一新」活動の一環として、製造設備の運転にかかわる情報の正確かつ円滑な指示・伝達を可能にするためのシステム構築に着手。運転中に発生した事象に対する現在の状況、過去の経緯、重要度をまとめて管理できる仕組みを実現しました。その結果、生産現場の仕事のやり方自体に変革がもたらされています。

紙や口頭による引継ぎでは、運転情報の正確な伝達と把握は難しい

株式会社 日本触媒は、「テクノアメニティ」(テクノロジーをもって人と社会に豊かさと快適さを提供する)を企業理念に事業を展開する化学メーカーです。播磨臨海工業地帯の西部に位置し、88万m2の敷地を有する姫路製造所は、同社の主力工場として、塗料や粘・接着剤など様々な用途に用いられるアクリル酸エステル、紙おむつなどのサニタリー用品に用いられる高吸水性樹脂をはじめ、精密化学品や機能性化学品、自動車触媒など幅広い製品を生産。国内のみならず世界各国の産業界からも高い評価を受けています。

「当製造所では、2007年以来、『超安心なものつくり工場の実現』を目指す『姫路ものつくり一新(HMI)活動』を展開。ものつくり基盤の強化と製造所全体の最適化を図るため、品質保全、総合安全、業務プロセス、オペレーション、設備保全、人財力といった領域ごとにチームを設置し、目指す姿の実現に向けた取組みを推進しています」(岡崎氏)

このうち、特にオペレーションの領域で課題として浮上していたのが、運転にかかわる情報の指示・伝達に関する問題でした。

「製造現場では、4直3交替を基本とするシフトオペレータと、常日勤オペレータによる勤務体制を敷いていますが、これまで勤務交替時の引継ぎやミーティングなどでは、運転日誌をベースとした紙や口頭による情報伝達を行っていました。しかし、トラブルや注意事項などの詳細な情報が正確に伝達されにくく、課員全員への周知という面では問題がありました」(宗近氏)

「引継ぎのミーティングに同席していない人、例えば、製造現場で発生している情報を取りまとめて管理する課長や、資料の作成に当たるスタッフなどが、後から運転日誌や記録類を見ただけでは、現場で発生した事象の内容や経過を明確に把握することができない、といった課題もありました」(野本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2011年01月号に掲載されたものです。