HOME > 納入事例 > 工業分野 > ニッポン高度紙工業株式会社

ニッポン高度紙工業株式会社

“気づきを高める仕組み”を追求したオペレーション環境を設計・構築

ニッポン高度紙工業株式会社

電解コンデンサ用セパレータの分野で圧倒的なグローバルシェアを誇るニッポン高度紙工業。同社では、BCP対策を念頭に鳥取県米子市に新たな工場を設置しました。新工場では生産現場の監視・制御作業の効率化を目指し、それに向けた中央操作室の設計・構築を実施。“気づきを高める仕組みづくり”をテーマに実施された様々な施策が大きな効果を上げています。

中央操作室の空間と情報のデザインから効率化を目指す

自動車やコンピュータ、家電といったエレクトロニクス製品に不可欠な電子部品の一つ、電解コンデンサ用セパレータ(絶縁紙)※1を製造するニッポン高度紙工業株式会社。この分野における同社のシェアは、グローバル市場で70%、国内では95%を占め、世界トップメーカーとしての確固たる地位を獲得しています。最近では、ハイブリッドカーや風力発電、太陽光発電といった領域を中心に、急速に需要が高まるリチウムイオン電池用のセパレータの生産にも注力。活躍の場は、環境・エネルギー分野にも大きく広がってきています。

同社では、南海地震での被害が想定される高知県にすべての工場が立地していることから、鳥取県米子市に工場を新設することを決定しました。震災によって、万一、製品供給が滞ってしまうと、世界中の市場に及ぼす影響は計り知れません。そこで、高知との交通の便にも恵まれ、南海地震の影響を回避できる地域として、日本海側の米子が選定されたのです。

「BCP(事業継続計画)の観点から、米子工場を新たに設置することになったわけですが、その建設を契機に、これまで既存工場で進めていた生産革新の取組みをさらに前進させることにしました。まずは生産現場の監視・制御を行う中央操作室自体のデザインを見直し、徹底的な効率化を図っていくことが不可欠だと考えました」(山村氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.1(2013年02月発行)に掲載されたものです。