HOME > 納入事例 > 工業分野 > 新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所

新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所

熟練者の操炉スキルを自動化するとともに長期操炉データの分析に基づいた作業改善が、生産性と品質の向上を実現

新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所

新日鐵住金株式会社 八幡製鐵所では、2007年に老朽化したDCSの更新に着手。併せてオペレータの作業負荷軽減に向けたオペレーションの自動化と、運転・品質改善のための長期操炉データを蓄積するなどの取組みに着手しました。蓄積した操炉データを解析することにより、人によるばらつきのパターンの発見や切分けの難しい事象の原因を究明し、作業の自動化、検証、改善というPDCAサイクルを確立。生産性の向上、品質の確保を実現しています。

加熱炉の設備改造を契機に、計測・制御の高度化を目指す

2012年10月1日、新日本製鐵株式会社と住友金属工業株式会社の合併により誕生した新日鐵住金株式会社。東アジア市場を中心に競争が激化する鉄鋼業界の中で、「総合力世界No.1の鉄鋼メーカー」を目指す同社では、コスト競争力や技術的先進性など、あらゆる面でのレベルアップを図るべく、様々な側面から施策を展開しています。

同社が運営する八幡製鐵所は、1901年に官営製鉄所として操業を開始。以来、一貫して日本の鉄鋼業界を牽引(けんいん)してきたことで知られています。特に近年は、主に九州地区の産業に向けた高級鋼板の供給基地として、ステンレスや電磁鋼板などの特殊鋼を中心に、多品種・小ロットによる生産で、タイムリーに市場の要求に応えています。

その八幡製鐵所では、省エネルギー、コスト削減などを念頭に、圧延(あつえん)※1加工をする際に必要な加熱処理を行う加熱炉の計測・制御のさらなる高度化を目指して、DCS※2の更新に着手したのです。このとき、新たなDCSとして採用したのが、アズビル株式会社の新世代プラント・オートメーション・システム Advanced-PS™APS5000でした。

「3基ある加熱炉のメンテナンス時期に合わせて1基ずつDCSを更新していくと、移行途上で旧システムと新システムが混在することが分かっていました。その際、既存DCSと互換性のあるAPS5000なら、オペレーションの混乱を防げる点も重要なポイントでした」(村田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.5(2013年10月発行)に掲載されたものです。