HOME > 納入事例 > 建物分野 > 東京藝術大学大学美術館

東京藝術大学大学美術館

美術品保護に必要な厳密な温湿度管理と大幅な省エネルギーの両立を実現

東京藝術大学上野キャンパスにある大学美術館では、熱源設備の老朽化更新に合わせて省エネ対策を実施しました。文化的に貴重な美術品の保護には、厳密な温湿度管理が求められます。それに加え、社会的要請の強まる省エネルギーも大きな課題となります。この相反する二つの要求を、アズビルは現場での運用を十分理解した上で、高効率機器導入、最適な制御、BEMSを組み込むことで実現しました。

文化財保護を継続しながら、重要設備の老朽化更新・省エネ実現を模索

多くの人が訪れるエントランスホール・展示室も快適な室内環境が保たれている。

多くの人が訪れるエントランスホール・展示室も快適な室内環境が保たれている。

国立大学法人 東京藝術大学は、我が国の芸術文化の発展において、常に指導的役割を果たしてきました。今日では、海外の大学・関係機関などとの連携基盤を活かしながら、世界的なトップアーティストの育成をはじめ、「藝大」の国際ブランドとしての確立を目指しています。

同大学は、その前身である東京美術学校以来のコレクションや歴代卒業生の作品などを収蔵・展示するため、1999年に東京藝術大学大学美術館を新設しました。地上4階、地下4階の建物内にある収蔵庫には重要な文化遺産が多数保管されています。日本最古の絵画として国宝に指定されている天平時代の「絵因果経(えいんがきょう)」や、江戸時代の絵師 尾形光琳の筆による重要文化財「槇楓図屏風(まきかえでずびょうぶ)」などの古美術品、重要文化財指定を受ける狩野芳崖(かのうほうがい)の「悲母観音」、上村松園(しょうえん)の「序の舞」といった近代絵画はその一例です。

こうしたデリケートな文化遺産の保管に当たっては、収蔵庫の温湿度を常に適切に保つ必要があります。しかし、2012年ごろから熱源設備の老朽化を原因とする不具合の兆候が表れ、大学側は設備の更新について検討を開始しました。

「所蔵する重要資産を最適なコンディションで維持し、その保護に努めることは、当大学美術館の大きな役割です。そのためには24時間365日、間断なく空調設備を稼働させる必要がありますが、エネルギーの浪費は避けなければなりません。文化財の保護同様、省エネルギーも重要な社会的要請であり、公共教育研究機関として十分な配慮が必要だからです」(薩摩氏)

同大学の上野キャンパスは、東京都の「環境確保条例」※1における大規模事業所に指定されており、同法制が定めるCO2排出量の削減義務を上野キャンパス全体で履行することが求められています。大学美術館は上野キャンパス全体のエネルギーの3分の1相当を消費していたため、省エネルギーの実践を最も優先すべき施設でした。

「今回の設備更新では、限られた予算の中、収蔵品保護に不可欠である高度な空調管理と省エネルギーという、相反する二つの要求を両立させることが課題でした」(牧本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.3(2016年06月発行)に掲載されたものです。