HOME > 納入事例 > 建物分野 > 新さっぽろアークシティ

新さっぽろアークシティ

設備老朽化対策とエネルギーコストの削減を目標に
国内最大級のESCO事業で大幅な省エネルギーを実現

新札幌副都心の中核施設である新さっぽろアークシティでは、ショッピングセンタービルの設備老朽化に伴う一連の設備更新施策をESCO事業として展開。全30項目にも及ぶ大規模な改修工事および運用管理の改善を実施することで、当初予定していたエネルギー削減率11.5%に対して16.2%を達成。国内最大級のESCO事業を通して切実な課題だったエネルギーコストの大幅な削減を実現しました。

開業35年の設備更新を機にESCO事業で省エネ化を目指す

札幌市東部の厚別区に位置し、JR新札幌駅と地下鉄新さっぽろ駅を中心に開発されたのが新札幌副都心です。札幌市では1972年9月に「厚別副都心開発基本計画」を策定し、当時、急速な発展を遂げていた札幌市の都市機能の受け皿として、この地域の新規開発を決定しました。1974年には札幌市が出資する第三セクターとして株式会社 札幌副都心開発公社が設立され、以来、同公社が事業主体となって、この地域の開発および管理・運営を行っています。現在、その中心となっているのが新さっぽろアークシティと呼ばれる複合商業施設です。ショッピングセンターであるサンピアザをはじめ、ホテルを備えた駅ビルのデュオ、水族館、劇場などを擁し、年間来訪者数は1,400万人に上ります。

中でも最大の来館者数を誇るのがサンピアザです。開業は1977年にさかのぼり、既に35年以上を経過した建物設備は、老朽化が目立ち始めていました。そこで札幌副都心開発公社では、2009年夏ごろから設備更新とエネルギー削減について検討を開始しました。

「当時は長引くデフレの影響により収益が思わしくなく、コスト削減が最重要課題でした。そこで、支出の大きな割合を占める水道光熱費に着目し、その大幅な削減を念頭に、サンピアザだけでなく、駅ビルのデュオも含めた大規模かつ抜本的な設備更新を目指すことにしました」(寺嶋氏)

「このとき、設計から設備改修、システム構築、さらには運転管理も含めた一連の施策を、ESCO事業※1で展開することに決めたのです」(篠原氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.1(2014年02月発行)に掲載されたものです。