HOME > 納入事例 > 工業分野 > 高知県 土佐町

高知県 土佐町

点在する施設の運転状況を一元監視、住民への水道水の安定供給を支える

吉野川の源流域に位置する土佐町は、四国4県を潤す早明浦(さめうら)ダムを擁し、“水のまち”として知られています。同町では、町内各所に分散設置されている水道水供給施設の運転状況を、一元管理するための監視システムを更新しました。中央監視システム・機器のリニューアルを実施し、日常の監視業務の効率化と水の安定供給に貢献しています。

四国の水がめを支える監視システム、現場に適したシステム更新を検討

土佐の赤杉を利用し、完成した土佐町役場の新庁舎。

土佐の赤杉を利用し、完成した土佐町役場の新庁舎。

高知県の北部中央、四国山地の懐に位置する土佐町。起伏に富んだ地形と寒暖差のある気候を活かした農業をはじめ、畜産業、林業が盛んです。棚田で栽培される県内有数の良質米、人気の高いブランド牛「土佐あかうし」、良質材として定評のある「土佐の赤杉」の産地として知られます。また、吉野川の源流域に当たる土佐町は、豊かな水資源に恵まれた町でもあります。町の東部にある早明浦(さめうら)ダムは、西日本一の貯水容量を誇る多目的ダム。四国4県に水を供給する四国の水がめとして、多くの人々の暮らしや地域の産業に貢献しています。

土佐町には、現在、簡易水道※1施設が9カ所、飲料水供給施設※2が7カ所あり、約4000人の町民に、安全な水道水を提供しています。

「土佐町では長年にわたり、町内に点在している水道施設を役場側で中央監視装置により集中監視してきました。しかし、飲料水供給施設の中には監視対象になっていない施設がいくつかあったことに加え、近年では機器の老朽化による不具合なども徐々に目立つようになってきていました」(窪内氏)

例えば、施設側に設置されているテレメータ(遠隔計測装置)内部のデータ保持用電池が老朽化により消耗していたため、この地域に多い落雷などによって施設が瞬時停電すると、テレメータが保持していた設定水位などの情報が消えてしまったり、施設側で計測している配水量や、配水池※3の水位などのデータが欠測してしまうといったことが発生していました。

「設定値のクリアやデータの欠測が起こると、その都度、担当者が現場に駆けつけ、テレメータの値を手作業で設定し直すといった作業が必要でした。この作業には1~2時間ほどかかる上に複数箇所の水道施設で発生する場合もあるので、人的な負担も大きく膨らんでいました」(森氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.4(2014年08月発行)に掲載されたものです。