HOME > 納入事例 > 工業分野 > 岡山県美作市

岡山県美作市

町村合併による水道事業の統合に伴い、
各地区の水道施設の運転管理一元化を推進

岡山県北東部の5町1村の合併により発足した美作市。合併に伴い、旧町村が運営してきた水道事業を統合しました。これまで個別に行われてきた水道施設運転管理業務について、三つの浄水場を相互監視・制御できるシステムを構築。これと併せて各地区の配水池やポンプ場、水源などの水道の場外施設についても運転管理の一元化を実現しました。運転管理業務の迅速化や人的負荷軽減、さらには監視・制御システムのデータ通信に市が敷設した市内LANを利用することでコスト削減を図るなど、大きな成果を上げています。

旧町村が個別実施してきた水道施設管理の統合化を目指す

岡山県の北東部に位置する美作(みまさか)市は、2005年3月31日に勝田(かつた)郡勝田町、英田(あいだ)郡美作町・大原町(おおはらちょう)・作東町(さくとうちょう)・英田町・東粟倉村(ひがしあわくらそん)の5町1村の合併により発足しました。氷ノ山後山那岐山(ひょうのせんうしろやまなぎさん)国定公園などの豊かな緑と美しい景観、美作三湯の一つである湯郷(ゆのごう)温泉など、観光資源にも恵まれており、関西、中国地方を中心に多くの観光客が訪れています。特に近年では、女子サッカー日本代表「なでしこジャパン」の主将である宮間あや選手や、ゴールキーパーとして代表に定着している福元美穂選手が所属する岡山湯郷Belle(ベル)の本拠地としても知られています。

「旧町村で稼働していた監視システムは老朽化しており、既に部品の調達が難しい状態でした。加えて、水道事業において町村合併のさらなる効果を追求していくためには、各町村が個別に行っていた浄水場やそれに付帯する場外施設の運転管理業務自体を統合化していく必要がありました」(妹尾氏)

美作市ではまず、旧美作、英田、作東の三つの地域で運営されている水道施設を対象に、監視・制御システムの統合を決定。3地区で相互に設備の監視・制御が行える仕組みの構築を目指すとともに、タブレット機器を導入し、担当者がいつでもどこからでも運転管理業務が行える体制も併せて整備することにしました。

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2015 Vol.6(2015年12月発行)に掲載されたものです。