azbil

Japanese

English

Chinese

GO to the azbil Global Site

サイト内検索ヘルプ
トップページ>納入事例>工業分野>株式会社カネカ 高砂工業所

文字サイズ

大

小

プリントする

株式会社カネカ 高砂工業所

Page1. 製品の品質安定化に加え省エネ推進が課題に
Page2. 制御からフィールド機器まで幅広いノウハウに安心感
Page3. 約1年間のプラント稼働で投資の回収が可能に
Page4. お客さま紹介

高度制御の再構築により省エネ施策で新たな時代に対応


株式会社カネカ 高砂工業所

カネカ 高砂工業所では、全社的なコスト削減要求を背景に、電解と塩ビモノマーの生産工程における省エネルギーに着手。かつて品質安定化を主眼において導入した高度制御の適用を、品質安定化に加えて省エネルギーの視点から再構築。取組みの結果、多大なコスト削減効果が得られました。


製品の品質安定化に加え省エネ推進が課題に

多変数モデル予測制御で予測した結果を新世代プラント・オートメーション・システム Advanced-PS™APS5000の運転に反映して最適運用を実施する。
多変数モデル予測制御で予測した結果を
新世代プラント・オートメーション・システム
Advanced-PS™APS5000の運転に反映して
最適運用を実施する。

素材メーカーとして、化成品や機能性樹脂、発泡樹脂製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維など幅広い分野の製品を提供する株式会社カネカ。最近では、機能性食品素材「還元型コエンザイムQ10」や、住宅市場向け薄膜系ハイブリッド太陽電池」など、最新のニーズに応える先進的な製品群を次々に市場に送り出しています。

高砂工業所は、約128万平方メートルの広大な敷地に、国内有数の塩ビモノマープラントをはじめとする大規模プラント群を擁する主力生産拠点です。先進性に富んだ製品を日々生み出すこの工業所は、その製造を支える生産技術の面でも、常にチャレンジ精神あふれる先進的な取組みを行っています。例えば、1995年には製品の品質安定化や運転の自動化を目的に多変数モデル予測制御※1による高度制御を塩ビモノマー(VCM)の生産プラントと電解プラントに導入しました。

「両プラントでは、多くの電気や熱が使われています。そこで今回は、省エネルギーを大きく前進させるために、この高度制御を両プラントの広範なプロセスに適用することにしました」(林氏)

その背景として、2008年秋のリーマンショック以降続く不況の中で、さらに徹底したコスト削減が全社的な至上命題となっていたことが挙げられます。加えて、CO2排出削減に向けた要求も年々高まっており、そうした社会的要請からも省エネルギーのさらなる推進が不可欠でした。

「VCMプラントや電解プラントは、取扱量が多いため原単位の改善が大きなコスト削減につながります。生産工程における省エネルギーについては、様々な取組みを何十年にもわたって進めてきており、製造部門では、さらなる省エネルギーに向けてのいくつものアイデアを温めていました」(林氏)

「現場のアイデアの効果を予測し、適切な投資対効果を得るような提案にまとめる必要がありました。そこで、品質安定化などにおいて一定の成果を挙げていた高度制御の適用拡大によって、新たな可能性を見いだそうと考えたのです」(木村氏)




この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年11月号に掲載されたものです。

ページトップへ