HOME > 納入事例 > 建物分野 > シーサイドホテル屋久島

シーサイドホテル屋久島

ホテルの空調・給湯設備の全面リニューアルで
島の「自然と人間の共生」を支える省エネ施策を推進

屋久島を代表するリゾートホテル「シーサイドホテル屋久島」では、空調・給湯設備の老朽化対策を契機に、環境省の補助事業を利用した省エネ施策を実施しました。島の電力の99.8%を水力発電で賄う屋久島。そうした自然エネルギーを活用し、重油から電気へのエネルギー転換、高効率機器の導入、自動制御の適用を核とした取組みは、環境保全と大幅なCO2削減を推進する屋久島のモデルケースとなっています。

島を挙げて環境保全CO2削減を推進

屋久島は、鹿児島県の大隅半島佐多岬南南西約60kmの海上に位置します。樹齢7200年といわれる縄文杉など豊かな自然を有し、1993年に日本初の世界自然遺産に登録されたことでも知られます。

「屋久島町では、世界自然遺産という人類共通の財産を保護・保全し、後世に引き継ぐ取組みを続けています。それが、1996年以来推進してきた『自然と人間の共生』を目指したゼロエミッション*1事業です。加えて、2009年からは『屋久島CO2フリーの島づくりに関する協議会』を発足させ、電気自動車の導入や太陽熱温水器の設置補助など、CO2削減に向けた取組みにも注力してきました」(荒木氏)

シーサイドホテル屋久島は、屋久島空港や海の玄関口である宮之浦港に近く、海岸線の絶景を望む、屋久島を代表するリゾートホテルです。本館、新館と合わせて客室は80室、月平均3,000人以上の宿泊客が訪れるなど、年間を通じて多くの人でにぎわっています。

「当ホテルでも、お客さまのチェックイン前/チェックアウト後の客室の照明や空調を止めるように指導するなど、節電・節水を励行してきました。しかし、人手による対応では、得られる効果にも限界があり、設備面での抜本的な施策の実施が求められていました」(後藤氏)

「特に、ホテルの運営において最もエネルギーを消費する空調・給湯設備は旧型で、非常に効率が悪くなっていました。しかも、燃料は重油を主体としていたため、省エネルギー、およびエネルギーコストの観点でも大きな課題を抱えていました」(江口氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2016 Vol.4(2016年08月発行)に掲載されたものです。