HOME > 納入事例 > 工業分野 > 国立大学法人 室蘭工業大学

国立大学法人 室蘭工業大学

大学の電力消費をリアルタイムで“見える化”し
教職員・学生の省エネマインドを醸成する

国立大学法人 室蘭工業大学

国立の理系単科大学として知られている室蘭工業大学。同大学は、水道光熱費の中でも特に大きな割合を占める電力の削減を展開するため、電力消費動向の“見える化”システムを導入しました。学内の教職員や学生はスマートフォンなどでWebサイトを介してリアルタイムに電力消費動向が見えるため、電力使用や省電力に対する関心を高めることができました。さらに、電力消費のピークとなる冬場を通しての省電力効果が大いに期待されています。

大学全体での省電力の推進には“見える化”システムの導入が不可欠

中央監視システムとして導入されているsavic-net EVmodel30。

中央監視システムとして導入されているsavic-net EVmodel30。

支笏洞爺(しこつとうや)国立公園に隣接した自然豊かなものづくりの街、北海道室蘭市にキャンパスを構える室蘭工業大学。「創造的な科学技術で夢をかたちに」という理念の下、国立の理系単科大学ならではの特色を活かした、科学技術を中心とする教育と研究を展開し、社会で活躍する技術者・研究者を送り出しています。

同大学は、2009年に北海道環境マネジメントシステムスタンダード(HES)※1のステップ2の認証を取得するなど、環境保護・改善に向けた取組みを積極的に推進しており、その一環として電力削減活動にも注力してきました。

「本学は、省エネ法で特定事業者の指定を受けており、管理標準を定めて毎年1%のエネルギー削減を義務付けられています。大学の水道光熱費の中でも、電力の占める割合が特に高いため、東日本大震災に起因する夏冬の節電要請もあり、電力の削減活動をいかに大学全体で展開していくかが重要なテーマとなっていました」(永井氏)

10年ほど前にアズビル株式会社の建物管理システム savic-net™EVを導入し、以来、中央監視システムとして運用してきました。その中で、savic-net EVのデマンド(最大需要電力)制御機能を利用して、電力消費がデマンド契約値に近づくと学内に自動放送される仕組みを作り込んでいました。

「放送が流れた際には、それを聞いた教職員や学生が、使っていない機器や不要な照明などの電源を切るという対応を取るわけですが、彼らにしてみれば、どれだけデマンド値をオーバーしそうなのか、どれくらい節電をすればいいのかということが明確には分かりません。そこで、現在の電力消費状況を、管理者だけではなく、学内にいる様々な人たちに知ってもらうための“見える化”の仕組みが不可欠であると考えました」(江藤氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2013 Vol.6(2013年12月発行)に掲載されたものです。