HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社キムラ

株式会社キムラ

赤外線サーモグラフィが問題の早期発見を強力に支援、
住宅リフォームの工期・コストを大幅圧縮

住宅資材の卸売りを中心に、住まい関連の様々なビジネスを展開するキムラ。同社では、住宅をリフォームする際に課題となっていた、気密性、断熱性における問題箇所を特定するためのツールとして、高性能と低価格を両立した赤外線サーモグラフィを採用。既に多くの工務店がその活用により、工期・コストの圧縮をはじめとする成果を上げています。

高気密・高断熱がもたらす、快適性、省エネルギー、経済性

1946年の創業以来、北海道を基盤に住宅資材の総合商社として着実な成長を遂げてきた株式会社キムラ。工務店に向けた住宅資材の卸売りを中心に、住宅足場リース事業、不動産業、子会社によるホームセンターの経営、展示会の主催など、住まいにかかわる幅広いビジネスを展開しています。同社が特に重要なミッションと考えているのが、「高気密」「高断熱」「好換気」「好環境」をキーワードとする住宅環境改善への貢献です。

「高気密・高断熱は住まいの基本であり、特に寒冷地である北海道では、古くから住宅性能を考える上で最も重要な要件とされてきました。住環境の快適性だけではなく、エネルギー効率の向上による省エネ効果や経済性を高めることにもつながります。最近では、気密性、断熱性に問題を抱えた既存住宅のオーナーが、工務店にリフォームを依頼するケースも増えています」(木村氏)

しかしリフォームを行うためには、断熱材の不足やダメージなどの問題を抱えている箇所を特定する必要があります。外から確認することができないため、これまでは住宅の壁をはがして確認することになり、多大な手間とコストがかかっていました。そこで、近年注目を集めているのが赤外線サーモグラフィです。

「サーモグラフィは建物を傷つけずに壁面などの温度状況を可視化でき、問題箇所を簡単でスピーディに特定できます。当社でも以前から赤外線サーモグラフィを取り扱っていましたが、非常に高価だったことから、多くの工務店が導入に踏み切れなかったというのが実情です」(種田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.5(2014年10月発行)に掲載されたものです。