HOME > 納入事例 > 工業分野 > 国際石油開発帝石株式会社

国際石油開発帝石株式会社

熱量調整のプロセスシミュレーションを導入し
都市ガスの安定供給に加え、省エネルギー・省コストにも貢献

国際石油開発帝石の新潟県越路原プラントガス処理施設

国際石油開発帝石の山王熱量調整所では、ガス供給会社側の運用状況により原料ガスの組成が急激に変動することに対応するため、熱量調整プロセス制御の充実を図りました。多様な組成の原料ガスを混合する場合においても、熱量を最適に調整する制御を構築するためプロセスシミュレーションも導入。都市ガスのさらなる安定供給、省エネルギー・省コストに貢献しています。

環境にやさしい天然ガスを用い安定した都市ガスを供給

石油・天然ガスの鉱区取得から、探鉱、生産、精製・輸送・販売までをグローバルな規模で展開する国際石油開発帝石株式会社は、国際石油開発帝石ホールディングス株式会社が、2008年に国際石油開発株式会社と帝国石油株式会社を吸収合併し新たにスタートした国内最大の石油・天然ガス開発会社です。

京葉パイプライン株式会社が受託運用を行っている国際石油開発帝石の山王熱量調整所は、3カ所より組成・熱量の異なる天然の原料ガスを受け入れています。ガス事業法で定められた都市ガスの熱量は45MJ/Nm3ですが、これらを混合したガスが持つ熱量は平均で約39.5MJ/Nm3のため、より高い熱量を持つ液化石油ガス(LPG)を投入して熱量を調整し、製品ガスを生成しています。

「製品ガスの熱量は品質管理上、一定範囲内に制御することが求められます。しかし、組成の違う3カ所の原料ガスの混合比率は逐次変化するため、熱量は常に変動します。従って、その変動に追従してLPGの投入量を適正に調節する必要があります」(山田氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2009年05月号に掲載されたものです。