HOME > 納入事例 > 工業分野 > 株式会社エフテック 亀山事業所

株式会社エフテック 亀山事業所

エネルギー消費動向の"見える化"で生産工程におけるムダを徹底排除

株式会社エフテック 亀山事業所

エフテック 亀山事業所では、製品原価の低減、改正省エネ法への対応などを念頭に、生産の各工程において利用される電気やガス、エアなどのエネルギー消費動向について詳細に"見える化"するためのシステムを構築。その結果、これまでの月単位による集計では捉えることができなかったエネルギー消費にかかわる課題を把握し、ムダの解消に向けた施策を速やかに実施できる環境が整いました。

生産にかかわるエネルギーの最適化が環境保全、製品原価低減に不可欠

ペダルやサスペンションなど自動車の足回りに関する重要保安部品を、独自の一貫体制により製造する株式会社エフテック。軽量化対応の「アルミ加工技術」や液圧によりパイプ材を成形する「ハイドロフォーミング」などの最新技術と高度な品質管理により、納期やコスト、安全性にかかわる顧客のシビアなニーズに応えています。一方、同社は「豊かな地球環境を私たちの行動で守り続けます」をスローガンに掲げるなど、環境に配慮した製品づくりを真摯(しんし)に追求していることでも知られます。

「特に生産工程におけるエネルギー消費の最適化は、環境保全はもちろん、製品原価の低減という観点からも不可欠です。そこで亀山事業所では、2008年ごろから、改正省エネ法への対応も見据える形で、グループ内のほかの生産拠点に先駆け、省エネ対策の重要なベースとなるエネルギー管理におけるインフラ整備に向けた取組みに着手することになりました」(若林氏)

「具体的には、自動車部品の溶接、プレス、塗装の各工程において利用される電気やガス、エア(圧縮空気)などの消費動向を、まずはシステムによって"見える化"し、将来的にはその情報に基づいて生産ライン単位、さらには製品ごとの消費量を明らかにして、生産活動におけるエネルギー消費の最適化につなげていきたいと考えました」(那須氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2010年07月号に掲載されたものです。