HOME > 納入事例 > 建物分野 > ライオン両国ビル

ライオン両国ビル

BEMSを導入し、築43年を迎える中規模ビルの省エネルギーを実現

「環境対応先進企業」を目指すライオン。省エネルギーに真摯(しんし)に取り組んできたライオン両国ビルにBEMSを導入し、設備の稼働状況やフロア別の使用電力量などの「見える化」を実現。さらなる建物の長寿命化やライオン社員の省エネルギーに対する意識の啓発に貢献しています。

エネルギー使用状況を把握し、ビルのさらなる省エネ対策を推進

ライオン株式会社は、歯磨きや洗剤をはじめとする人々の暮らしの中で利用される製品を提供していますが、「水と一緒に使用する製品」が多いことから、地球環境問題が大きくクローズアップされる以前から、業界に先駆けて水環境に配慮した製品開発を進めてきました。2012年に策定した経営ビジョンの中では「環境対応先進企業を目指す」を掲げました。

「ライオン独自のエコ基準を設け、環境に優しいエコ商品を消費者にお届けすることを使命に、環境コミュニケーションを推進しています。そして、ライオンとライオングループの社員に対し、CSR報告書や環境関連イベントなどを通じエコ意識を高めるための啓発活動を続けています」(羽鳥氏)

ライオンビジネスサービス株式会社は、ライオン両国ビルをはじめ3カ所でビルを保有。自社のビルメンテナンス業務だけではなく、オールライオンのファシリティマネジャーとして不動産管理の充実を目指しています。1971年に竣工(しゅんこう)し、築43年になるライオン両国ビルは、ライオンの営業部門が入居している10階建て(延床面積:8,447.7m2、空調方式:中央熱源方式)のオフィスビルです。2011年に発生した東日本大震災を契機に、「安全」と「節電」の確保を中長期修繕計画の具体的な目標に設定し、耐震対応を実施。併せて、照明のLED化、遮光フィルムの導入など様々な工夫を重ね省エネ効果を上げてきました。

「ライオン両国ビルのさらなる省エネ対策を進めるには、詳細なエネルギー使用状況を把握し、データに基づく効果的な対策の計画・実施が重要になります。これまでライオン両国ビルにはBEMS※1がなく、フロア単位での使用電力量や動力/照明/コンセントでの内訳も把握できていませんでした」(五味氏)

ライオン両国ビルの設備運転管理や室内環境管理を担う株式会社日本管財サービスでは、省エネ施策の実施という面では、できるところをほとんどやり尽くしており、限界のところまで来ていました。

「ビルの効果的な管理を行い、さらなる省エネ効果を上げるために、BEMSの導入に向けて調査・検討を行ってきました。アズビル株式会社の自動制御機器を使っていたこともあり、アズビルの担当者に知恵を借りながらビルオーナーであるライオンビジネスサービスへ提案準備を行いました」(川本氏)

この記事はazbilグループのPR誌azbil(アズビル)の2014 Vol.6(2014年12月発行)に掲載されたものです。